洗米 内釜 はがれ

洗米注意報 -内釜洗米の問題点-

 

 

先日紹介した洗米機、中々に優れものです!ただ、あの画像チョット気になるんですよね、明らかに炊飯器の内釜で洗米しているところが。

 

別に内釜が剥げたところで、使用するのには何ら問題はありません。

 

ただ、剥がれた部分は一体どこに行くのか?もちろん洗っているのでほとんどは水と一緒に流れていきます。が、一部はお米の中に残留している。消化出来るものでも無いので、身体からは排出されますが、やっぱり気になりますよね。

 

そこでメーカーに問い合わせてみました!すると…。

 

フッ素コートが剥がれたとしても、健康上害になることはございません。体内に吸収されることはなく、そのまま体外へ排出されます。

 

とのこと。

 

加えて、「洗米は内釜以外でやってください」とも書かれていました。まぁ説明書にもそう書かれているので当然ですね。

 

このように、メーカーとしても内釜ではなくザルや容器で洗米してほしいようです。

 

個人的にも洗米は内釜でやるのはお奨しません。正直面倒で内釜洗米をやってしまう気持ちは物凄くよく分かる!(僕も昔やってました)一々別の容器を用意して洗米するのは凄く面倒くさいですよね。

 

ですが、内釜の性能を100%発揮させるのなら、自分で釜の寿命を縮める行為はやらないに越したことはありません。だって、少しでも不安要素があるとお米を楽しめないじゃないですか!

 

洗米,炊飯器,内釜,情報

 

どちらにしろ、ずっと使い続ければいつかは剥がれてきます。そのいつかを自分で早めるのだけは避けたいですね。

 

以前紹介した洗米機もボールや鍋等で問題なく使うことが出来るので、今まで内釜で洗米していた人もちょっと切り替えてみませんか?

 

面倒だとは思いますが、余計な心配をせずにお米を楽しむことが出来ますよ!

 

 

修理交換の利用

ちなみに、破損した内釜はメーカーや電気屋さんに問い合わせれば、新しいものを取寄せてくれるので壊れた場合は利用してください。

 

ただし、あまりに古い機種の場合は在庫が無いこともあるので注意が必要です。

関連ページ

炊飯器 2015まとめ
ここでは、2015年に売れた炊飯器を簡単に紹介しています。新型機種もあれば、安定的に売れている従来型も!新機能を求めるか、安心・安定を取るか、それとも安さ(易さ)を追求するのか?あなたの求める炊飯器が見つかるかもしれません!
炊飯器 2016上半期売上Top5
2016年上半期、最も売れた炊飯器を5機種紹介!当然、売れるのには理由がある!これから炊飯器を購入する人は、参考にどうぞ。
悩んで決める! 炊飯器の上手な選び方
最近の炊飯器は多機能!選ぶのは難しい!そこで、炊飯器を選ぶ上でのポイントを簡単にまとめてみました。購入時の参考になると思います。
炊飯器2016 今年売れた機種の特徴その1
2016年、今年売れた炊飯器はどのような特徴があるのか?今回紹介するのは炊飯器の心臓とも言える釜部分です。各メーカーがしのぎを削る素材戦争に終止符は打たれるのか?